リュータのMTG日記

主にMTG(マジックザギャザリング)とか初心者の日常の気づきを綴ります。たまに他のカードゲームの話も。

デッキ(紙)を作ってみる!

スタンダード?モダン??

 

アリーナにハマった私は勢いで紙のデッキも作り始めます。

最初に悩んだのはどのフォーマットのデッキを作るかでした。

  1. アリーナで使い慣れたスタンダードのデッキを作る。
  2. 比較的安価でスタン落ちのないパイオニアで作る。
  3. 長く使うことを考えてモダンで作る。
  4. EDH(統率者)用のデッキを作る。

色々とサイトを巡ったりtwitterで情報を集めていましたが、なかなか悩ましい問題です。

 

調べてまず思ったのが、個人的にEDHは無いなと感じました。初心者にはルールが分かりづらいです... 複数人になるというところでカードの使い方も複雑になるし、カードプールも一気に広がるのでもはやどこから手をつけて良いかわかりません。

加えてデッキレベルという概念があります。ちょうどストリクスヘイブンが出たタイミングだったので入門用に3,000円くらいで統率者用のデッキが売っていました。ですが調べるとEDHはそのカードプールの広さからデッキレベルという概念を設けて、デッキの完成度(=強さ)の指標にして同じ強さの相手と戦うことを推奨しているようでした。

なので完全に第一印象ですが、この入門用を買ってもある程度手を加えないと良い勝負にならないのかなと... そもそもEDHは勝ち負けではなく好きなカード・コンボを楽しむ要素が強いのかなとも思いつつ、初心者には勝ち負けを置いてでも好きなカードや動き方を見つけるのは時間がかかりそうだ、ということでEDHを楽しむのは将来の自分に託すことにしました。

 

という訳で4.は選択肢から消えます。次に考えたのはパイオニアでした。作ったデッキを(比較的)安く長く使えそうだという点、加えてカードプールが広すぎない点が非常に好感が持てます。ほどよくスタンダードの刺激を受けて環境も変化を付けていそうで参入候補にあがります。

ところが調べていくうちに対戦相手が居ないのでは、という懸念を持ちます。近所にパイオニアが盛んなカードショップでもあれば良いのですが、あいにくモダンやスタンダードが人気のようです。相手が居ないのでは仕方ありません。ひとまず2.も候補から外すことにしました。

 

残ったのはモダンかスタンダードです。この両者には明確に差があります。1つはコストです。流行りのデッキでモダンのカードは非常に高値で取引されています。モダンは多くのデッキが出回っていますが、それでも高額な土地カードを避けられません。単色にしたり流行りから外してデッキを狙いにいけば安くはなるのですが、それでもスタンダード並みの値段になりますし、何よりあまり強くないのでは...という懸念が払拭できません。せっかく作るのだからある程度は強くあって欲しいものです。

もう1つはカードプールの広さです。モダンは自分が生まれる頃に近い年代からのカードが使えるのでいきなり足を踏み入れていくには敷居が少し高い気がします。ただ、カードプールが広いのはむしろ嬉しい(楽しい)という側面もあると思います。

プレイ人口も気になるところですが、調べた感じだとモダン・スタンダードはどちらも相手探しには困らなさそうです。(これが後に過ちだと気づくのですが...)

色々悩んだ挙句、決め手にしたのはアリーナでカードを覚えたこともあり、気に入っていた1.スタンダードのデッキを作ることでした。

 

かなり悩んだのですが、自分が始めたのは5月アタマとかなのでちょうど新型コロナの影響でリモート対戦を軸に考えていました。となるとある程度慣れたカードじゃないとそもそもゲームとして成り立たんなと... 気合いでモダンに突っ込んでも良かったのですが、それなりのコストをかけてモダンに突っ込んで心が折れたときのダメージはでかいなと思ったのでまずはスタンダードから始めることにしました。

個人的にスタンダードのローテーションはあまり気にしていません。カードが使えなくなるのはイタイですが、1,2年は使えるし、趣味に使うお金と考えればまあ許容できるかと割り切りました。

 

 

デッキ作るぞ...!

 

という訳で狙いをスタンダードに絞ってデッキを作ることにします。

ジェスカイサイクリングが安いようです。赤単アグロもまあまあ。白単アグロもあるようですが、個人的にアグロ系はあまり好みません。いずれは作りたいと思っているのですが... 

ここはやはり慣れたスゥルタイ根本原理でしょう。少しコストがかかりますが、フリマアプリや価格リサーチでなんとか3万ほどで作り上げました。スタンダードにしては高いと思いますが、モダンの値段を見すぎて金銭感覚が狂ってしまったのでしょう... 加えて根本原理の魅力に取り憑かれてしまっていたので何の抵抗もなく揃えてしまいました。おそろしやMTG。やはりカードゲームは沼か。

 

紙でデッキを集める時も土地は後回しにして前回記事にしたキーカードを中心に安いものを狙っていきました。幸いなことにスゥルタイ根本原理は80枚デッキながらも複数枚揃えなければいけないカード(「出現の根本原理」や「耕作」、「海の神のお告げ」に「古き神々への拘束」などですね)はアンコモン以下のレアリティで、比較的安価に集まりました。「嘘の神、ヴァルキー」や「巨怪な略奪者、ヴォリンクレックス」は高かったですが、1枚ずつで良いので救われました。他にも購入する場所によってはポイントがついたりしたので、付与されたポイントはアリーナでは叶わなかった両面土地などのパーツに変えました。

 

色々とカードの値段を調べ、購入し発送を待ちます。パックの開封と同じくらいドキドキしますが、待っている間はソワソワします。晴れる屋さんの注文だと一気に届くので宝箱が届いたかのような気持ちになりますね。梱包用に使われていないであろう不要なコモンのカードなどで購入したカードを包んでくれていたのですが、この梱包用カードも初心者には嬉しいです。こんなカードもあるのかぁ、どのエキスパンションなんだろう、と知らないパックを開けた気分です。

f:id:ryutagame:20210602004309j:plain

集まったスゥルタイ根本原理のデッキ。初めてのデッキ(紙)なのでとても気に入っている。

届いたカードをスリーブに入れて束ねてみます。重い...そしてかさばります。さすがは80枚を超えるデッキ。スリーブはKATANAスリーブを使いました。サプライは好きなのでまた別途記事に起こします。枚数の多いデッキでも取り回しが非常に軽快です。安っぽさもありません。

 

さて、今回は私の初めてのデッキ構築について記事にしてみましたがいかがだったでしょうか?皆さん同じような道を辿っているのか知人からカードを貰う、安い強いコモンを集める、カードは道で拾った...なんて猛者もいるかもしれません。

デッキリストはどうしようかな。気がむたらTwitterで公開するかもしれません。そんなに対戦していないので実績とかもある訳ではないのですが...  最近は「エシカの戦車」をスゥルタイ根本原理によく入れているようなので気になっていますが、対戦回数が増えてなれたらこういったカードも買い増してみたいと思っています。

 

今日はこのくらいにして、また次回お会いできますと幸いです。では!

twitter.com